漫画

大久保圭『アルテ(1)』〜「何を」より「どう描かれているか」の魅力を。

アルテ 1 (ゼノンコミックス)作者: 大久保圭出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2014/04/19メディア: コミックこの商品を含むブログ (17件) を見るこれが初単行本とのこと。 こちら http://comic.pixiv.net/works/745 で1、2話が無料・無登録で読めるので「未…

2008年に読んだ漫画ベスト10+α

※Mixiに12/18に書いた日記の転載。なんだかそういう時期みたいなので。 あんまり深く考えず、テキトーにまとめてみました。 小説と違って比較的新刊メインに出来るので、やりやすかったというのもありますし。 ただ色々あって、大半、今年一月〜七月くらいま…

おがきちか『Landreaall』/竜葵様の憂鬱

さて、前回はおがきちか『Landreaall』4巻〜12巻におけるDXと竜胆の関係を、主に竜胆視点で振り返ってみました。 ○竜胆の物語として四巻〜十二巻を振り返ってみる http://d.hatena.ne.jp/skipturnreset/20081221/ それでそこそこまとまって≪はい、終わり≫で…

『Landreaall』竜胆の物語として四巻〜十二巻を振り返ってみる

前日に続き、おがきちか『Landreaall』について。 『Landreaall』って、こんなことを考えがちの人にとってはたまらなく面白い話だと思います。その時その時で、出来るだけ相手の気持ちを考えた上で、自分に正直なことを言い、行動したいと思う。 でも、≪その…

おがきちか『Landreaall』一〜三巻/構成の綺麗さ。≪知っている≫ということへのこだわり。

○一〜三巻の構造の綺麗さ始まりの五ページで、ひとつの物語が始まり、終わる。 おがきちか『Landreaall』は一旦三巻まで読み終えた後で、一巻4p〜8pを読むと、その構造の綺麗さに驚く作品です。 DX(歌だ そうだ俺は知っていた) DX「……昔の夢だと 思ってた…

船戸明里『アンダーザローズ 5―春の賛歌』次男ウィリアムの魅力

Under the Rose 5―春の賛歌 (バーズコミックスデラックス)作者: 船戸明里出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス発売日: 2008/03/24メディア: コミック購入: 5人 クリック: 251回この商品を含むブログ (80件) を見る ビクトリア朝のイギリス。 アーサー・ロウラ…

山田芳裕『へうげもの』〜安土の夜景、信長の月。

山田芳裕『へうげもの』は、大胆すぎる嘘を呆れるほど無茶な画で出す。 その無茶っぷりこそが理屈抜きで面白い。 でも、その《大嘘》が驚くほど太い骨格と緻密さに 裏打ちされているという理屈も面白い! その一端が伺われるのが、右に引用した第一巻p130。 …

高橋葉介『夢幻紳士 怪奇篇』①②〜第一巻のみどころピックアップ

夢幻紳士 (怪奇編1) (ヨウスケの奇妙な世界 (2))作者: 高橋葉介出版社/メーカー: 朝日ソノラマ発売日: 1998/08メディア: 文庫 クリック: 34回この商品を含むブログ (12件) を見る高橋葉介の作品が、どれを読んでも面白くてたまらない。 活動期間が長いベテラ…

羽海野チカ『ハチミツとクローバー』⑨〜"コロボックル"が"オフィーリア"へ?

ハチミツとクローバー (9) (クイーンズコミックス―コーラス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2006/07/14メディア: ペーパーバック購入: 3人 クリック: 30回この商品を含むブログ (641件) を見るはぐ、森田、竹本を中心にした、物語の分岐点…

水薙竜唳『キルウィザード』①〜驚いた。キャラ造形とか、相当部分あのイカれた(褒め言葉)WEB小説「冬月竜騎譚」の味が残ってる……。

KILL WIZARD(1) (講談社コミックス)作者: 水薙竜唳出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/06/16メディア: コミック購入: 3人 クリック: 82回この商品を含むブログ (27件) を見るこの表紙の絵柄と作者名、どこかで見たことがあると思ったら、WEB小説&イラスト…

清原なつの『千の王国百の城』〜「銀のクリメーヌ」とチンパンジー研究の悲劇の実話

千の王国百の城 (ハヤカワ文庫 JA (667))作者: 清原なつの出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2001/06/15メディア: 文庫 クリック: 5回この商品を含むブログ (16件) を見るラストを強烈な印象を持つ大ゴマで締めくくる作品が目立つ、SF色豊かな短篇集。 萩…

二ノ宮知子『天才ファミリーカンパニー』(スペシャル版/全6巻)

三巻------夏木、バイト開始。そして、終盤には水野唯香が登場------あたりから、加速度的に面白くなっていく。話の展開のスピード感は数割増し、ギャグの勢いもぐんと良くなるし、序盤に目だった鬱陶しい露骨な現代社会批判も薄めになってくる。 そして、最…

ヲタ漫画経験値(200人版) 〜238点。

http://ippo.itbdns.com/test/rails/wotaexp/ggraph なんとなくやってみた。 238点。 × ( 39 ) ○ ( 36 ) ◎ ( 120 ) △ ( 5 ) ……高いのか低いのか、よくわからない。 以下、詳細。 ◎ 竹宮恵子 ◎ 柊あおい ◎ CLAMP ◎ 佐々木倫子 ◎ 高屋奈月 ◎ 安野モヨコ ◎ 大友…

夏目房之介『手塚治虫の冒険―戦後マンガの神々』/伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ』

手塚治虫の冒険―戦後マンガの神々 (小学館文庫)作者: 夏目房之介出版社/メーカー: 小学館発売日: 1998/06メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 17回この商品を含むブログ (21件) を見るテヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ作者: 伊藤剛出版社/メー…

山名沢湖『委員長お手をどうぞ』二巻(完結)〜もう、題名とコンセプトの時点で「勝負あった!」という感じ。

委員長お手をどうぞ 2 (アクションコミックス)作者: 山名沢湖出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2005/12/12メディア: コミック購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (103件) を見る『委員長お手をどうぞ』二巻。 このシリーズはもう、なんといっても題…

山名沢湖『白のふわふわ』〜「これだけ多彩なイメージを一冊に詰め込んじゃって、後が大丈夫???」思わずそんな余計な心配をしたくなる大傑作集。

白のふわふわ―9 clouds of Yamana world (Beam comix)作者: 山名沢湖出版社/メーカー: エンターブレイン発売日: 2004/11/25メディア: コミック購入: 1人 クリック: 25回この商品を含むブログ (77件) を見るこれはもう、「これだけ多彩で豊かなイメージを一冊…

山名沢湖『スミレステッチ』〜やはり「メルヘン逃走」は名作!!

スミレステッチ―7 stitchers of Yamana world (Beam comix)作者: 山名沢湖出版社/メーカー: エンターブレイン発売日: 2004/11/25メディア: コミック クリック: 14回この商品を含むブログ (96件) を見る「メルヘン逃走」(『スミレステッチ』収録)はやはり傑…

「小原愼司『二十面相の娘』1,2巻」〜二巻目からの変化に注目?

漫画喫茶で手にとって見た作品。 2巻に入ってから、俄然、絵の呼吸と台詞のテンポが合ってきた……? 1巻を読んでいるうちは、「物語やキャラクターは魅力的なのに、なんでネームと他の部分がこんなにギャップがあるんだろう?」というのが正直な感想。 ざっ…

凜野ミキ『光』四巻(完結)〜いい感じのやさぐれっぷり。

光 4 (4) IDコミックス ZERO-SUMコミックス作者: 凜野ミキ出版社/メーカー: 一迅社発売日: 2006/04/25メディア: コミック クリック: 15回この商品を含むブログ (10件) を見る ラストが「あぁ、意欲作を打ち切りにされたんだね」と分からずにはいられない、素…

岩館真理子『岩館真理子自選集 (1) 遠い星をかぞえて』

岩館真理子自選集 (1) 遠い星をかぞえて 集英社文庫―コミック版作者: 岩館真理子出版社/メーカー: 集英社発売日: 1996/03メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 14回この商品を含むブログ (3件) を見る興味を惹かれる問題を繊細なタッチで提起し--------それが…

くらもちふさこ『いつもポケットにショパン』(1)

いつもポケットにショパン (1) (集英社文庫―コミック版)作者: くらもちふさこ出版社/メーカー: 集英社発売日: 1995/09/01メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 108回この商品を含むブログ (48件) を見る……主人公の煮え切らなさに終始いらいらさせられるのは、…

広江礼威『翡翠峡奇譚』(1)(2)

翡翠峡奇譚 1 (1)作者: 広江礼威出版社/メーカー: 小学館発売日: 2005/05/19メディア: コミック購入: 1人 クリック: 14回この商品を含むブログ (74件) を見る 翡翠峡奇譚 2 (2)作者: 広江礼威出版社/メーカー: 小学館発売日: 2005/06/17メディア: コミック購…

甘詰留太『甘詰留太短編集 きっとすべてがうまくいく』

甘詰留太短編集きっとすべてがうまくいく (ジェッツコミックス)作者: 甘詰留太出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2006/04/28メディア: コミック購入: 1人 クリック: 125回この商品を含むブログ (42件) を見る普段は遥かにエロい作品で評判が高い人だけれど、ヤ…

まつもと剛志『まじかるストロベリィ』(3)

まじかるストロベリィ 3 (ジェッツコミックス)作者: まつもと剛志出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2006/04/28メディア: コミック クリック: 3回この商品を含むブログ (63件) を見るほのぼの四コマ。 こういう系統の作品、基本的に好きなので(ただ、普段はひ…

山名沢湖『委員長お手をどうぞ』

委員長お手をどうぞ 1 (アクションコミックス)作者: 山名沢湖出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2004/11/27メディア: コミック購入: 1人 クリック: 17回この商品を含むブログ (123件) を見るアワーズライト最終号(2002年8月号)に掲載された「メルヘン逃走」…

いのうえ空『ゼロイン』VOL.5

ゼロイン(5) (カドカワコミックスドラゴンJr)作者: いのうえ空出版社/メーカー: 富士見書房発売日: 2006/04/28メディア: コミック クリック: 13回この商品を含むブログ (31件) を見るなんか、題名の元になった作品オリジナルの格闘技術、巻を追うごとに影が…

森山大輔『ワールド エンブリオ』(1)

ワールドエンブリオ 1 (ヤングキングコミックス)作者: 森山大輔出版社/メーカー: 少年画報社発売日: 2006/03/27メディア: コミック購入: 2人 クリック: 43回この商品を含むブログ (116件) を見る佳作『クロノクルセイド』の作者の新シリーズ。 メインヒロイ…

二ノ宮知子『平成よっぱらい研究所』

……酒をろくに飲まない/飲めない人間が読んでもしょーもない本ではあるなぁ。 オハナシとしては面白いけど、こういう人の近くに一緒に狂えない種類の人間がいたりしたら、お互いにとってひどく不幸だよなぁ、と、ごく当たり前のことを思う。

モーニング/アフタヌーン共同編集『猫本』〜疑問点×2つ

疑問点その1。 このアンソロジーにおける看板作品であるらしい、こなみかなた「チーズスイートホーム」。なぜこの漫画で、動物の行動に人間の言葉での台詞が必要なのか不明。 無くても漫画として成立するし、むしろ、そちらの方がずっと良いと思えるのに。 …

和月伸宏『武装錬金』10巻(最終巻)

単行本での楽屋裏のコメントなんかも愉しい作品だった。 打ち切りは残念だったけど、読者層と作者及び《大きなお友達》の好みが離れすぎな面もあったか……。ただ、個人的にはとてもそのノリがかなり好きだった作品。