山田芳裕『へうげもの』〜安土の夜景、信長の月。

へうげもの(1) (モーニング KC) へうげもの(2) (モーニング KC) へうげもの(3) (モーニング KC)
山田芳裕へうげもの』は、大胆すぎる嘘を呆れるほど無茶な画で出す。
その無茶っぷりこそが理屈抜きで面白い。


でも、その《大嘘》が驚くほど太い骨格と緻密さに
裏打ちされているという理屈も面白い!
その一端が伺われるのが、右に引用した第一巻p130。


まず、続きの文章を読む前に、この画を見て欲しい。
何か、物凄くおかしなことに気が付くはず。















































人間、月を見上げてクレーターが見えるだろうか?
「見える」などといおうものなら、
猛り狂ったガリレオ・ガリレイに望遠鏡で殴り殺されてしまう。


ここで、望遠鏡の発明は1608年。
ガリレオがそれを大改良し、月のクレーターを発見したのが1610年。
つまり、信長の目に映った安土の夜景には、肉眼でどころか、
世界で未だ誰にもみたことのない月が浮かんでいる。
信長の世界の具現たる安土城。そこで語られる信長の野望・全世界版。
正にこの場面で、この月は浮かぶべくして浮かんでいる。


そして、信長は、その観た世界の方向へと急速に現実を変貌させながら、
ガリレオ同様、世に理解されず、忌み恐れられる。


信長の思想、哲学、行動原理とは何か。
それは、三巻において彼が死を迎える時、わずか一言、
「愛よ」と言い切られる。
しかし、ここで凄まじいのは、《信長の》「愛」なるものの中身が、
正にその直前、ある別の言葉で示されること。
そのあまりにも苛烈な簡潔さ!!
そして、それを信長に日本語で言わせないことにより、
信長最期の言葉を受け取った人物が、
どれだけその行動原理、その思想を真に理解し得たのかはぼかされる。
その手際の憎らしいほどの見事さ!


更に、それほどまでに圧倒的な力強さで《信長》を描きながら、
その滅びを真に演出した存在、信長に匹敵する存在として、
千利休を置き、見事に成功しているというのが恐ろしい。
ここにおいて、利休がジャイアント馬場もびっくりの
身長2mを優に超える巨人として描かれるという画の《大嘘》と、
物語におけるこの人物の位置付けは分かちがたく繋がっている。


そして、この物語の主人公・古田左介(古田織部)は、
この二人の大巨人の薫陶を受け、
その上で今へと繋がる《美》の秩序の基本を築くという役回りが
与えられている(……のだろう。まだ話はそこまで進んでいない)。
余りに壮大なスケールに目眩がしてしまう。


題名となっている《へうげもの=ひょうげもの=剽軽者》というのは、
単に馬鹿げた無茶や異様な行動に走る者ではなく、
《わかった上で》そうしてみせる者を言うんだろう。
作中の人物たちだけでなく、作者もおそるべき《へうげもの》だ。


※ここでページ数を出そうとして、初めて、
この漫画が1ページ目を除いてノンブルのスペースも惜しみ、
端まで画で溢れさせていることに気付いた。
……自分、何読んでたんだろうなぁ。




うーん、でも、書いてみてなんだけど、この漫画って、
《個性的過ぎる無茶》にもしっかり裏打ちがあるだろうことを
"なんとなく"わかった上で、そこは"なんとなく"のままにしておき、
その無茶っぷりを楽しんだ方が面白いかな。まぁ、いいや。


あと、この漫画(の第一巻)については、


「第弐齋藤 土踏まず日記」(12/27)
http://sto-2.que.jp/ndiary/2005/12/200512271.html

の感想が素晴らしく面白い。特にこの下り。

 織田信長の「茶の湯政道」があるから面白いのだな、この時代。
 そもそも土地、不動産の奪い合いであるはずのところに、何食わぬ顔で名物(茶器)、動産が紛れ込んでる。

ズバっと切り込んでいく、いい指摘だなぁ……。