2022-11-01から1ヶ月間の記事一覧

石川慶監督、映画『ある男』(『Arc アーク』『蜜蜂と遠雷』)他、感想メモ

ある男 (コルク) 作者:平野啓一郎 コルク Amazon 映画『ある男』及び石川慶監督の過去作『Arc アーク』『蜜蜂と遠雷』、あと妻夫木聡出演『来る』についての感想等です。 togetter.com

映画『RRR』、ナートゥのダンス場面とラーマの決断の意味について

映画『RRR』は最高に愉しいインドの大作映画。 【映画パンフレット】RRR 監督 S・S・ラージャマウリ キャスト N・T・ラーマ・ラオ・Jr, ラーム・チャラン, アジャイ・デーブガン, ノーブランド品 Amazon 観てすぐの感想これで。 品川のIMAXで『RRR』観てきた…

『ifの世界線 改変歴史SFアンソロジー』(石川宗生/宮内悠介/斜線堂有紀/小川一水/伴名練)感想

『ifの世界線 改変歴史SFアンソロジー』 ifの世界線 改変歴史SFアンソロジー (講談社タイガ) 作者:石川宗生,小川一水,斜線堂有紀,伴名練,宮内悠介 講談社 Amazon 収録五編全てが非常に面白い。中でも特に斜線堂有紀「一一六二年のlovin' life」伴名練「…

マ・ドンソク主演『犯罪都市』『犯罪都市 THE ROUNDUP』あと関連で『イコライザー』1&2感想メモ

「ドンソクさんが人を殴ることで真実に迫っていく暴力わらしべ長者の理想形」 (by加藤よしき) と評された『犯罪都市 THE ROUNDUP』及び前作『犯罪都市』関連の感想メモです。 犯罪都市(字幕版) マ・ドンソク Amazon

映画『漁港の肉子ちゃん』感想

漁港の肉子ちゃん (通常版)(特典:なし)[Blu-Ray] V.A. Amazon 映画『漁港の肉子ちゃん』。 togetter.com 劇場で観なかったこと、心底後悔してる。「普通」に描いていったらあのラストの(幾つもの呪いも解く)祝福、飲み込めないというか。いっそ許せないと…

映画『すずめの戸締まり』ネタバレ感想

小説 すずめの戸締まり (角川文庫) 作者:新海 誠 KADOKAWA Amazon まっすぐで、まっとうで、とても良い映画と思う。描くものが、描き方が真摯かつ明確。 ※以下、映画の内容にいろいろ触れていくので、既に観た方のみに閲覧をお勧めします。 『すずめの戸締ま…

2021年Youtube配信のオリジナルアニメ「Artiswitch(アーティスウィッチ)」感想

サンライズ×アソビシステム共同制作のオリジナルアニメ「Artiswitch(アーティスウィッチ)」。 Youtubeで配信された全6話の各再生数は数十万回を記録してはいるけど、ユニークな面白さに比して余り話題にはなっていなかった印象。 『ぼっち・ざ・ろっく!』…

米澤穂信『栞と嘘の季節』はそれ一冊では読み終えられない本であるという話。

米澤穂信『栞と嘘の季節』、とりあえず一度読み終えた。 栞と嘘の季節 (集英社文芸単行本) 作者:米澤穂信 集英社 Amazon 非常に面白く、かつ、米澤作品らしくいろいろと込み入っていて、今後時間をかけてゆっくり読み返し考えていきたい作品と思える。 ただ…

アニメ版、OVA『戦闘妖精雪風』感想メモ

原作とは別物の、零と雪風とブッカーの激重三角関係&SFアクションアニメとして傑作。ある種奇跡的では。面白かった。 アニメ版、OVA『戦闘妖精雪風』感想メモ。