アニメ『ラブライブ!スーパースター!!』感想メモ

『ラブライブ!スーパースター!!』感想メモです。 togetter.com

アニメ『かげきしょうじょ!!』原作漫画との比較等を交えた感想メモ。

twitterで自分で書いたり、目についたりしたアニメ『かげきしょうじょ!!』の感想・関連情報等を随時まとめていっています。 togetter.com 【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「かげきしょうじょ!!」Blu-ray第1巻(全巻購入特典:「全巻収納BOX」引換シリアルコード…

『ゴジラSPファンブック』の話

『ゴジラSP(シンギュラポイント)ファンブック』の話。 togetter.com すこし長めのtweet連投になったので、まとめました。

『オッドタクシー』アニメ本編と漫画版、ノベライズ版、『セトウツミ』についてあれこれ。

『オッドタクシー』アニメ本編と漫画版、ノベライズ版、『セトウツミ』についてあれこれ。 togetter.com twitterに投げた時点で割とRTされてくれていたけど、togetterにまとめてみたらなんか別の層?に知られたりもしたらしい。 どういう経路でやって来てい…

菊石まれほ『ユア・フォルマ 電索官エチカと機械仕掛けの相棒』感想

ユア・フォルマ 電索官エチカと機械仕掛けの相棒 (電撃文庫) 作者:菊石 まれほ KADOKAWA Amazon 第27回電撃小説大賞、《大賞》受賞作。この『ユア・フォルマ電索官エチカと機械仕掛けの相棒』に続きシリーズ第二作が先月刊行されたところだということで、 ユ…

みやびあきの『珈琲をしづかに』4巻までの感想※完全に既読者向けの内容のため、ネタバレ注意となります。

※ 完全に既読者向けの内容として4巻最後までの展開に大きく触れる話が続くため、ネタバレ注意となります。 珈琲をしづかに(4) (モーニングコミックス) 作者:みやびあきの 講談社 Amazon みやびあきの『珈琲をしづかに』4巻。静かに人の気持ちが縁が積み重…

武田綾乃『飛び立つ君の背を見上げる』感想

武田綾乃『飛び立つ君の背を見上げる』感想。 飛び立つ君の背を見上げる 響け! ユーフォニアム 作者:武田綾乃 発売日: 2021/02/13 メディア: Kindle版 プロローグ、エピローグの間で 第一話「傘木希美はツキがない。」第二話「鎧塚みぞれは視野が狭い。」第…

話数単位で選ぶ、2020年TVアニメ10選

今年から「aninado」さんで集計されることになった企画、「話数単位で選ぶ、2020年TVアニメ10選」への参加記事です。この企画には「新米小僧の見習日記」というサイトさんが取りまとめられていた間に過去、2014年、2017年と二回参加させて頂いています。 「…

ランス10、雑感。

今年の連休始めから終わりまで。幾つかSFやアニメ方面のイベントには行ったりもしつつ、他は寝ても起きてもひたすらランス10を遊んで、概ね一区切り(全ENDコンプリート、実績80~達成)つきました。 ランス10がどんなゲームなのか、どんなシリーズの総決算…

『さよならの朝に約束の花をかざろう』雑感

『さよならの朝に約束の花をかざろう』を観ました。 傑作と思います。以下、雑感です。 twitter.com

2018年冬アニメ『宇宙よりも遠い場所』『恋は雨上がりのように』『ゆるキャン△』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』『刀使ノ巫女』『ハクメイとミコチ』各感想メモ。

2018年冬アニメの各話の感想その他のまとめです。 今期は他に先日取り上げたこちら。 2クール目のこちら。 あと、 BEATLESSからかい上手の高木さん三ツ星カラーズ刻刻Fate/EXTRA Last Encoreだがしかし2オーバーロード2りゅうおうのおしごと!封神演義 とい…

北村薫『ヴェネツィア便り』感想メモ

北村薫『ヴェネツィア便り』感想メモ ヴェネツィア便り 作者: 北村薫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/10/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る ※『ヴェネツィア便り』収録各作品の内容に大きく触れます。未読で、いわゆるネタバレ…

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』感想他まとめ

1話からいろいろ凄くて怖いですね、この作品。 togetter.com

みやびあきの『なでしこドレミソラ』感想メモ(3巻発売時点)

物語の導入が本当に無類に柔らかく綺麗で。 模様/文様を織り込んだ帯が人を包んだり誘ったりする独特な音楽の表現も、必見の面白さです。 まずは1巻だけでも、ぜひ。 そして3巻も。実に美しい流れでした。 twitter.com

DEVILMAN crybaby(湯浅政明監督版『デビルマン』)雑感

DEVILMAN crybaby(湯浅政明監督版『デビルマン』)。 現代的なアレンジと原作へのリスペクト、それに実写版の諸々の本文や描写、その他の作品(例えば『CASSHERN』オマージュの9話ED後描写)等への目配りや貪欲な取り込みを行いつつの、常に躍動感ある映像…

『宝石の国』『クジラの子らは砂上に歌う』の原作からアニメへの翻案について。『Just Because!』の「LINE」を活かした表現について。

twitterにしばらく前に実装された「モーメント」機能の個人的な活かし方を考えてみる機会に、ということもあり。何件かまとめてみました。 あと、ついでにこんなものも。

『宝石の国』スタッフトークイベント(2017/12/23渋谷HMV BOOKS)レポート

渋谷HMV BOOKSでの『宝石の国』スタッフトークイベントを聴いてきました。出演者は以下の皆さん。 約2時間たっぷり、濃い内容の会でした。 ・プロデュース 武井克弘(東宝株式会社)・制作プロデューサー 和氣澄賢(有限会社オレンジ)・OP楽曲プロデューサ…

話数単位で選ぶ、2017年TVアニメ10選

こちらの「新米小僧」さんが主宰だというTVアニメ話数別10選に参加してみます。 話数単位で選ぶ、2017年TVアニメ10選 ルール・2017年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメから選定・再放送は除く・1作品につき上限1話・順位は付けない 『Fate/Apocrypha…

アニメ版『Fate/Apocrypha(フェイト/アポクリファ)』感想メモ

アポクリファ22話「再会と別離」があまりにも素晴らしすぎた結果(?)、過去話感想も含めまとめることに。 なお、凄かったのは作画だけでなく、ストーリーテリングも原作小説からの翻案としても……といったことも少し書いたりしています。

『ジャック・グラス伝 宇宙的殺人者』ネタバレ感想

題名に明示した通りネタバレも含みます。未読の方はご注意ください。 『ジャック・グラス伝 宇宙的殺人者』。 ジャック・グラス伝: 宇宙的殺人者 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 作者: アダムロバーツ,Adam Roberts,内田昌之 出版社/メーカー: 早川書房 発売日…

池澤春菜&堺三保のSFなんでも箱#49 『ゲームの王国』小川哲さんゲスト回イベントメモ。

以下、Live Wire [562] 17.11.11(土) 池澤春菜&堺三保のSFなんでも箱#49 『ゲームの王国』小川哲さんゲスト回の備忘録的な?メモです。 1:イベント本編のメモ2:懇親会で他の参加者の方との間で出た話題3:個人的な雑感4:(イベント参加前時点での)…

(実写版)映画『氷菓』ネタバレ感想

映画(実写版)『氷菓』。 一点を除き関谷純を演じた本郷奏多さんの姿と演技が非常に良かったかと思います。 その一点も決して俳優のせいではありません。 残念ながら他は、あまりにも問題だらけかと思えます。 原作者が丁寧な称賛を送っていようが関係なく…

長谷敏司『ストライクフォール』1~最新巻感想まとめ

端的に言って最高です。 これに限らず長谷敏司作品はいつも大抵そうなのだけど。 (それを読むまで自分でも知らなかったのだけど) 「これが今自分が読みたいし読むべきものだったんだ。こういうものを求めていたんだ」 と教えてくれます。

『劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディー』ネタバレ感想。

『劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディー』。 追加上映を新宿ピカデリーで観てきました。良かった、間に合って……。 とことん「黄前久美子と田中あすかの物語」に再構築、高坂麗奈は人間関係ではとことん後景に退き(つつ演奏場面のトランペットで…

アニメ『ボールルームへようこそ』『魔法使いの嫁』『少女終末旅行』『つうかあ』『アイドルマスターSideM』各感想メモ。

自分用に、いっそ作ってしまった方が便利なので括ってみました。

『Just Because!』感想まとめ。

自分及びごく狭い観測範囲のものをまとめていくだけのものですが、とりあえず。 togetter.com

『米澤穂信と古典部』より古典部四人の本棚についてあれこれ。

ムック本『米澤穂信と古典部』収録。 米澤穂信と古典部 作者: 米澤穂信 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/10/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 折木奉太郎の本棚、千反田えるの本棚、伊原摩耶花の本棚、福部里志の本棚について…

『宝石の国』感想等まとめ。

市川春子『宝石の国』が大傑作SF漫画であることは重ね重ね、存じ上げてはいましたが。 アニメ版1話観て数分でびっくりしました。あまりにも、びっくりしました。 togetter.com

相沢沙呼『マツリカ・マトリョシカ』感想、『日常の謎』について、等々。流れで『屍人荘の殺人』関連も。

相沢沙呼さんの「マツリカ」シリーズ最新作、『マツリカ・マトリョシカ』。 マツリカ・マトリョシカ 作者: 相沢沙呼 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/08/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る ちょっと洒落にならない出来栄えの本…

2017年秋期アニメ各1~話雑感。

あまりにも面白い作品がそろい踏みしていたので、ブログ記事にまとめて各作品感想を置いてみることにしました。以下の作品について触れています。 【新規】 □クジラの子らは砂上に歌う□宝石の国 □魔法使いの嫁□Just Because!□つうかあ□アイドルマスターSideM…